So-net無料ブログ作成

研修旅行(讃岐の巻き)

翌日、淡路島うめ丸http://www.umemaru.co.jp/

部屋風呂で、ひとっ風呂あびて、DSCN1047.JPG

あっちに見える、大鳴門橋を渡って、四国入りです。

途中、瀬戸大橋も、半分まで渡りました。DSCN1049.JPG

こんぴらさんも、DSCN1057.JPG

半分まで・・・・(笑)

さて、いよいよ1度見て見たかった、讃岐の屋根。。

見て来ましたよ~!

ご案内頂いたのは、藤安瓦の、瓦ジスタさんhttp://ksista.exblog.jp/

まずは、関東で、井筒瓦を使う男。お洒落な屋根(笑)としては

本場物の井筒の研究探索。。

探索な~んて、言っている次元ではなく・・・

軒並み井筒のオンパレード。。DSCN1064.JPG

鬼瓦も、1度生で見たかった、雲頭(くもがしら)鬼

そう、おでこに、雷様(笑)が付いている奴です。DSCN1066.JPG

装飾鬼瓦に、井筒のオンパレード。。

DSCN1067.JPG

DSCN1070.JPG

DSCN1071.JPG

当社の井筒施工なんて、まだまだ、ひよっこ。。(笑)

ですが??関東で、井筒を使う男としては、

どおちても、井筒の製造を見ておきたい。。ってな訳で、

見学させて頂きまちたぁ。

じゃ~ん!!↓DSCN1073.JPG

さっすが!井筒屋さん!。。

井筒の白地が、うじゃうじゃ、ごろんごろんしてました。

疑問に思っていた、製造方法も、ご説明を受け、んでもって、

一目瞭然。。納得いたしました。スッキリいたしました。

ありがとうございました。

さて、これまた、興味のある鬼瓦。。↓DSCN1074.JPG

3重覆輪鬼瓦。。これも、讃岐(香川県)の、鬼瓦です。。

DSCN1075.JPG

DSCN1078.JPG

町中と言うか?村中。。入母屋の、オンパレード。。

DSCN1082.JPG

恐るべし、讃岐。。って感じに、圧倒されました。

DSCN1083.JPG

DSCN1084.JPG

DSCN1086.JPG

DSCN1088.JPG

完全に、脱帽です。

次の記事は、研修旅行(伊予の巻き)を予定しております。

乞うご期待です。


研修旅行(淡路の巻き)

5月・26・27・28日と、予告通り!

研修旅行に行って来た、お洒落な屋根です。

行った先は、私のブログで、蔵の瓦・ここ一番の時の瓦・

今回の神社の瓦の、淡路島。。そして、井筒の讃岐(香川県)

そして、使った事はありませんが、興味のある、伊予(愛媛県)の菊間瓦

見学のコースです。

初日は、朝早く、羽田空港[飛行機]から、阿波(徳島空港入り)

んで、レンタカーで、淡路島上陸。。

ご案内役は、(株)大栄窯業瓦人さん

数々の窯元さんを、見学させていただきました。

各窯元様、ありがとうございました。

そして・・・見学は・・・

南あわじ市役所です。じゃ~ん!↓DSCN1032.JPG

DSCN1030.JPG

DSCN1031.JPG

DSCN1033.JPG

DSCN1034.JPG

DSCN1035.JPG

壁面の外側も、内側にも、瓦が使われていました。DSCN1036.JPG

DSCN1037.JPG

そして、瓦で一番大切なもの。。。そう、原料の粘土です。

粘土採掘場にも、連れてっていただきました。

この、スケールのでかさ・・・↓

DSCN1039.JPG

DSCN1041.JPG

DSCN1042.JPG

この層、すべてが、瓦になるのではなく、特定の層だけ・・

このサイクル、数百万年レベル。。

DSCN1044.JPG

この大地の恩恵を受けて、仕事させて頂いている我々

製・工・業者。。

10年保障がどうのこうの、やれ耐震がどうのこうの・・・

言っている次元ではない、。。

自分が、ちっぽけに思えた瞬間でした。(笑)

次は・・・讃岐(香川県)の巻き、伊予(愛媛県)の巻きも、掲載予定

ですので、乞うご期待。。でーす。

これまた、やっつけられた、お洒落な屋根(笑)


屋根やくん

我々屋根屋さんの履物は・・・・・これです。。↓DSCN1008.JPG

ね♪はい、地下足袋でーす。。

だんだん暑くなり・・あんよの裏が熱く・痛くなる季節となりました。

はい、低温やけどをおこすのです。

地面の上で能書きだけたれている奴らじゃわからない事。。

熱っちーよねぇ?この道37年。。37回も夏を経験している

にも、かかわらず・・・未だ慣れません!!(爆)

ご覧のように、地下足袋の中に↓DSCN1010.JPG

中敷きを入れたりしています。(これはかなり有効)

ですが??それでも、熱い。。

んな訳で、今年からは、地下足袋オンリー派の私ですが・・

こ~んなの、試してみます。

その名は・・・ズバリ!「屋根やくん」↓DSCN1016.JPG

DSCN1017.JPG

♯3になって、マジックテープが改良されました。DSCN1011.JPG

右から左から、交互に留め付けます。

んで、かかと部分にも、DSCN1013.JPG

マジックテープが付いています。。DSCN1014.JPG

靴底のゴムも、滑りにくいと、定評があります。DSCN1019.JPG

今年の夏は、あんよの裏の痛みも、少しは軽減するかな??(笑)

1日履いてみての感想は・・・

確かに、このゴムは滑らない。足裏も熱くなりにくい。。

ただ、足が、地下足袋慣れ(笑)しちゃってるので、

ちょいと、違和感がある。。後は、慣れってことかな??

ま、地下足袋と、屋根やくん、併用で、今年の夏も乗り切ろうと

思う、現場主義の、屋根屋君。。男お洒落な屋根です。。(爆)

追記・・・お知らせいたします。。

明日より、3日間。。研修旅行の為。

当社、お洒落な屋根山田瓦店の業務は、誠に勝手ながら、

お休みとさせていただきます。

また、ブログのコメントのお返事も、すぐには、出来ません事

ご了承くださいませ。。

行先は、淡路島。。四国縦断を予定致しております。

帰って来てからの日記にも、ご注目下さいませ。。

ひと皮むけた、お洒落な屋根の記事がご覧頂けると思います。。(笑)

明日早朝出発[飛行機]。。の為、もう寝ます。(爆)


瓦の凍て(いて)

私の今日の仕事は・・・

屋根から、変な物がポロポロ落ちてくるっとのご依頼のお宅です。

だいたい、このようなのご依頼は、プロとして、簡~単に診断がつきます。

はっはーん!漆喰の剥がれだな??

漆喰塗りか?状況で、棟積み替えで決まりだな??って、感じ。。

電話の状況で、判断出来るのも、プロとして大事なことです。

が??

現調に行って・・・こ~んな事例もあるのです。。

ポロポロに正体は・・・・↓DSCN0997.JPG

DSCN0998.JPG

DSCN0999.JPG

瓦の表面が、↑ご覧のように、剥離してしまう現象。。

「凍て」(いて)る。

っと言う現象です。この現象は、焼成温度不足や、成型時の、

半真空状態の時に、起こりやすい現象です。

DSCN1000.JPG

これらを、差し替えてあげまして、

DSCN1002.JPG

この始めの仕事。。当社施工ではありませんが?

やった業者も、製造したメーカーも、知っています。(笑)

ま、んな事言ってもしょうがないので、

やばい所、全取り替えで、↓

DSCN1003.JPG

ご覧のように、差し替えてあげまちたとさ。。

DSCN1004.JPG

粘土瓦は、土の、焼き切る温度って奴を、見付けなければいけないのです。

その土地.その土地の土によって、焼き切る温度って奴が違います。。

ここんとは、また後日。。正気の時に講釈いたします。

焼き切る温度。。

ここんとこは、製造経験がなくっちゃ、お話出来ません!!

1円でも安くを追求したりしていると、このような現象、おこりやすい。。

もっともらしいこと抜かして、メーカーいじめしていると、

あとで、しっぺ返しが来ますよー!っだ!!(笑)


お宝修理

お洒落な屋根、本日の仕事は・・・・DSCN0979.JPG

こ~んな感じの、築明治時代。。その草屋根を、昭和30年代に、

小屋取り替えして、瓦にした屋根の修理です

まだ、いいねぇ!サイズは、56判深切り・・・

風切り丸の修理です。。↓

DSCN0982.JPG

DSCN0985.JPG

隣の、大正時代の物置の屋根も、捨てがたい・・・↓DSCN0987.JPG

ケラバも、手先深切りの、かきあぶりの手付品。。

DSCN0989.JPG

お宝ですよね♪

この屋根も、私のお手手をもってすれば、まだまだ修理可能なのですが?

残念ながら、土台が腐ってしまって、お施主さんも、あきらめムード。。

ま、それはしょうがないですが??

ちと残念。。

残念ついでに、ちょいと、気分が悪いのが・・・・

あ~っちの方に見える奴↓

DSCN0992.JPG

ズバリ・・これ↓

DSCN0993.JPG

天敵、温水器…(笑)

画期的装置ですが・・・瓦は悲鳴をあげています。。

DSCN0994.JPG

痛いよ~!って。。。

DSCN0995.JPG

DSCN0996.JPG

素早く、撤去してあげたい気分ですが??

そうも言ってられない、現実・ジレンマ。。

何かスッキリしないストレス気分。。(笑)

はっきり言って、お前は邪魔だ!!っと、ここで叫んでみる。。(爆)


真っ直ぐに積んじゃう方が簡単

予行通り!本日[晴れ]たので、棟積みです。

築90年のお宅。。。こ~んな感じに棟積み中。。。

じゃ~ん!!↓

DSCN0965.JPG

こ~んなラインで積んでいます。。

築90年ともなれば、自然の法則で、棟木も、

ぶったるんでいます(笑)

ここを、あえて、無理矢理矯正すると、違和感が出ます。。

今回選択の水糸は・・・・↓DSCN0971.JPG

左の、太糸。錘糸で積みました。。。

真っ直ぐピーンと、右の、ピンクの糸で積んでも、積めるのですが??

最終的美感が、美しくない。。

DSCN0967.JPG

要は、ばれなけばいい。

この屋根のかぶり(開き)も、片側2寸3分。。合計4寸6分

下を、7分、上を、7分5厘で割っても、まだ、全然足りません。。

ここんとこは、風切り丸で、ばれないように微調整。。(笑)

言われなければ、わかんないでしょ??

仕事って奴は、ばれない程度のごまかし。。

これが出来て一人前。。

綺麗事抜かして、素人だまししているのとは、違う次元。。

ここんとこが、マニュアルにはできない所。。

ま、自分のインチキ公開しているお洒落な屋根って奴は、

これまた、違う次元(笑´∀`)ヶラヶラ

ま、見てよ。。こ~んなラインで積み上げました。とさ。。↓DSCN0969.JPG

詳細をば・・・DSCN0970.JPG

DSCN0972.JPG

DSCN0974.JPG

DSCN0976.JPG

DSCN0978.JPG

真っ直ぐ積んじゃって、俺のせいではない!!って言っちゃった方が楽。。

なんだけろ、ばれないように積む醍醐味。。

数値じゃ表せない職人の技。。ってなもんだぜぃ!!(笑)


上屋だけ葺き替え

今の仕事は、これまた、大雪被害現場です。

土葺きで、損傷が著しく修復不能の現場です。

ま、私のお手手(笑)をもってすれば、既存通りの復元は可能

なのですが??

修復するよりは、葺き替えしちゃった方が、安いケース。。

自動車事故等でも、あるでしょ??

ま、んなケースです。(笑)

DSCN0942.JPG

いくら、格安でも、日本瓦はもちろん!・風切り丸も、妥協しません!!

DSCN0946.JPG

こっち側も、足場の良いうちに、平葺きする前に積んじゃうのが

お洒落流。。(笑)DSCN0943.JPG

DSCN0947.JPG

こ~んな感じに平葺き終了!後は、棟積みを残すのみ。。。

DSCN0950.JPG

あとは、棟積みを残すのみ。。

本日[雨]の為お休み。。明日完成!の予定です。

さて、んな事より・・・・本日16日は・・・・・

じゃ~ん!!↓

DSCN0955.JPG

孫たちに、囲まれながらの(☆´≧∀≦)σ ⌒ハッピィバースデイ*

でちた。

DSCN0963.JPG

じいじ(笑)。。まだまだ、頑張りまっす。


鉄は太る。。

昨年の、大雪被害の現場の修理。。

まーだ、やっている、超呑気な、

当社、お洒落な屋根山田瓦店です(笑)

物件は、入母屋降り鬼瓦。。

ズレ、落下修理は、数多く修理いたしましたが??

本日の鬼瓦は・・・・・これ↓

DSCN0933.JPG

ごくまれなケース。。半面落下の鬼瓦君。。(笑)↓

DSCN0934.JPG

原因は、ズバリこれです。。DSCN0935.JPG

DSCN0936.JPG

鬼瓦制作時に間違って混入したと思われる鉄片。。

これが、長い年月の間に錆びて太り、亀裂が入った所に、

今回の大雪で、水が入り、凍結して、これまた太って膨張。。

最終的に、爆発(笑)ってな感じでしょうか??

今回のような例はまれですが??

瓦に、鉄は、相性が悪い。

釘穴に、鉄釘なんてのは、もっての他。。

ここ近年、棟に鉄筋棒なんか入れて、親切丁寧等うたっている

業者さんも多いですが??

私の経験上。。はっきり言って、かんばしくない!!

鉄は太る。。ましてや、竹木舞の横竹が早く腐食するように、

横筋は、水分を含みやすい。。

更に,銅線なんか絡めれば、鉄は、どんどん腐食が進みます。

ま、主流派に、文句言ってもしょうがないのですが??

誰かがつぶやいて行かなければ、真実は伝わりません!!

私は、あえて、憎まれっ子覚悟で、発進していきたいと思います。。

ほんと、やばいんだって。。。

こんなじじいの一人ごと。。(爆)


赤瓦

GWも、休まず営業中の、当社、山田瓦店です。(笑)

ま、子供達にも、見放され、遊んでもらえないのが現実の、

じじいの、お洒落な屋根です。(爆)

まだ、昨年の大雪被害現場も、終わってないのが現実です。

一部を公開。。じゃ~ん!!↓DSCN0926.JPG

 大雪により、軒瓦(唐草)が、落下してしまったお宅です。

この瓦は、関東赤瓦。。

赤瓦と言えば、沖縄の赤瓦。三州の塩焼瓦。石州の来待(きまち)等

を想像する人が大半だと思いますが??

この瓦は、関東で、だるま窯のいぶし瓦が主流の時代。。

トンネル窯を導入して、陶器瓦に参入の第一歩の、瓦

赤瓦(こうかつ)です。

昭和40年代後半から、50年代にかけて、造られた瓦です。

50年代になりますと、三州の、釉薬を使い、今では、白バー(笑)

になってしまった、ハイシルバー色や、青緑色・黄金色・青銅色等も、

作られていました。が??

昭和の時代に、壊滅してしまいました。。

↑注・・・あくまで、私の記憶ですので、詳しい事は、

ご自分で、お調べ下さいませ。。(無責任)

関東赤瓦・・・今では製造メーカーもなく、

修理不能のようですが??

捨てる神あれば、拾う神あり・・・

三州の、岩福セラミックスさんが、片面施釉ではありますが?

関東赤渇(こうかつ)復刻判を、製造してくれています。

こ~んな感じに、復旧完了!です。↓DSCN0927.JPG

DSCN0928.JPG

DSCN0929.JPG

んで、本日。。超長丁場だった、屋根葺き替え工事。。

や~っとこさ完了いたしましたぁ。

玄関入母屋。。こ~んな感じです。。。↓DSCN0932.JPG

DSCN0930.JPG

DSCN0931.JPG

んじゃ。。


平屋住宅完成!

昨日チラリ書きました、お待ち頂いた、

平屋の和風住宅の屋根瓦工事が、完成!いたしましたぁ。

DSCN0909.JPG

 日本瓦いぶし。。桟瓦は、切り落ちで、

軒先は、ベタ万、袖瓦は、中付け袖、鬼瓦は、新山

棟は、天神熨斗にて、目地積み。。

ま、当社、得意のパターンにて、完成!です。(笑)

DSCN0910.JPG

DSCN0914.JPG

DSCN0915.JPG

DSCN0918.JPG

DSCN0912.JPG

DSCN0920.JPG

昨日の予告の鍾馗様。。

私としては、玄関上の、上屋の軒下↓DSCN0907.JPG

この辺の位置で、下を睨ませようと、たくらんでおりましたが??

元請け棟梁・お施主様のご意見で、ここに決定。。

じゃ~ん!!↓DSCN0924.JPG

ま、いいや、、答、正解がないのですから、(笑)

基本、ご希望通り!喜ばれる位置に。。。取り付けましたピョ~ン!!

職人だったら、一手間・一仕事。。は当然ですが?

一提案、一踏ん張り。。和型の魅せ方。。を、

ご理解頂く努力。。は、最低限しないといけません!!

親切・丁寧・見積り無料。。だけじゃ、ダメですね(爆)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。