So-net無料ブログ作成
検索選択

宇宙服。。ん?(笑)

毎日、くっそ暑い[晴れ][晴れ][晴れ]日が続きますね♪

外仕事の、我々、屋根屋さんにとっては、正しく地獄。。。(笑)

年々、しんどくなる、男・お洒落な屋根。。

地球温暖化現象のせいか??

ヒートアイランドのせいか?はたまた、エルニーニョのせいか?

注・・実は歳のせい!!( ̄b ̄)シーーッ!!

ま、んな事はどうでもいい!!暑いもんは、暑い!!

ってな訳で。。。本日は、「宇宙服を持参で、当社に集合!せよ!」

実はね♪仲間と、3人で、買っちゃったんだよ。。宇宙服。。

こ~んなのです。。↓

DSC08177.JPG

DSC08178.JPG

皆んなで、仲よく組み立てて・・・

保冷剤も配備して、↓

DSC08179.JPG

早速装着!!

こ~んなアイテムです。。↓DSC08180.JPG

注目すべきは、ここ。。。↓DSC08181.JPG

このファンから、空気が導入される仕組みです。。

ん~ん!!快適。。快適。。

お洒落な屋根先生も、冷気を取り入れて、パンパンです。。(笑)↓

DSC08190.JPG

休憩中は、↓DSC08195.JPG

やっぱ、扇風機。。。

風。。空気って、大事ですよね♪

空気を読んでの復元!!

とりあえず、切り落ちで、既存通りの葺き足5寸7分↓DSC08196.JPG

もう少しで、平葺き完了!です。。DSC08198.JPG

DSC08201.JPG

今回も、淡路かわら美人にての復元です。。

宇宙服着て頑張りまっす。。(笑)

あ!!宇宙服・宇宙服と書いてますが・・・実は・・

正式名称は・・・空調服と言うらしい。。(爆)

ま、いいや。。空気で感じて下さい。。。

わらをもつかむアイテム。。

数日装着してみて、本音を語りたいと思います。。(^-^)ニコッ


始めました。

ここんとこ、つまらない修理やら、お決まりのノルマをこなして

この、くっそ暑い中。。。

これと言った、記事がなかったお洒落な屋根ブログです。

暑っちーよね♪。。。。

注。。これは、現場に出ていないと、本当の事はわからない現実。。

熱中症の危険性がありますので、屋外の作業は十分に注意して下さい。。

言うのは簡単。。。貴方も、60度越えの世界にご招待いたしましょう。。(笑)

ま、冗談はさておきまして、、

いよいよ始めました。。。関東の蔵。。。

DSC08168.JPG

刻み袖の取り付けからスタートです。。

そちたら、近所の、文化財何とか委員とか言う方が、

こ~んな本持って訪ねて来て下さいました。。↓DSC08161.JPG

中には、こ~んな写真が。。。↓

DSC08152.JPG

正しく、俺が子供の頃の、深谷の瓦屋DSC08157.JPG

懐っかしいなぁ??

中山道深谷宿も・・・・↓DSC08159.JPG

そうなんです。こ~んな街並みですよね♪

ま、心配無用。。DSC08163.JPG

こ~んな、漆喰で出来た花深も。。。

瓦製で、復元。。↓DSC08164.JPG

鬼瓦の中の家紋屋号も。。。↓

DSC08165.JPG

〇越デパート。。のロゴ。。

大丈夫なんです。このお宅。。。ここの、創業者の、直系のお宅。。

文化財何とか委員の先生が、こ~んな感じに・・・・

日本瓦で。。。。↓

DSC08172.JPG

何だよ~!この次元かよ~!!

ガッカリだぜ!!(笑)

適材適所の対応。。。ご心配いりません!!当社は、ごのような

DSC08166.JPG

DSC08167.JPG

ボンド攻撃も、復元しますし、

DSC08170.JPG

屋根緑化運動も、忠実に再現してご覧に入れます。。

棟も・・・・DSC08171.JPG

ボンド塗りたぐります。。

って、とりあえず、言っておきましたぁ。。(笑)

ま、仕上がりを見てね♪

それから、ご説明いたしましょう。。。

53判面取りオンリーでは語れない事実。。

違いを見せてやりますね♪。。。

勘違いしちゃってる人に、愛の手を。。(爆)


刻み袖合端(きざみそであいば)

台風[台風]11号の影響で、[雨]続きの、我が関東地方です。

昨日から、作業場で、今度着工の、刻み袖。。って奴の、

合端(あいば)って作業をしております。。↓

DSC08142.JPG

DSC08143.JPG

こ~んな感じです!!(笑)

DSC08144.JPG

DSC08145.JPG

あの?国宝級(奈良)の合端を見た上がりでは、

にゃんだか?下手糞に感じるのは、私だけ?でしょうか??(爆)

ま、んな事も言ってられないので・・負けじと、刻みましたよ~!

DSC08146.JPG

DSC08147.JPG

番号ふって、的確な位置に、ドリルで、穴っこあけて、

スタンバイOK!です。

DSC08148.JPG

作業場で、合端していると、[携帯電話]が、鳴りっ放し。。(笑)

雨漏り修理依頼に、対応してまちた。。。

めんどくさいので、雨間を見て、応急処置にも、参上いたしました。。

よって、ギリギリ刻み切りました。。

お天気が安定したら・・・取付に参上!いたします。。


奈良研修・その⑤最終章

さて、いよいよ奈良研修も、クライマックス最終章です。

興福寺編です。。http://www.kohfukuji.com/

今回、全国いぶし瓦連合会の皆様と、一緒に、

奈良の、山本清一http://www3.kcn.ne.jp/~yk21/syokunin.html

先生のご案内で、興福寺平成中金堂再建工事の工事途中を

特別に見学させて頂くチャンスを得た、お洒落な屋根です。

お目目を皿のようにして、見てきましたよ!!↓

DSCN1489.JPG

早速入ってみましょう。。↓

DSCN1448.JPG

まずは、棟の現寸図。。DSCN1452.JPG

早速、足場を登って、とりあえず、下屋根(裳階もこし)部分を見学。

DSCN1458.JPG

DSCN1459.JPG

DSCN1460.JPG

 こ~んなチャンス、めったにない!!スケール片手に、

細部まで、チェック・チェック。。(笑)

DSCN1461.JPG

DSCN1463.JPG

続いて、もう1段上りまして、上屋部分に・・・

こちらは、瓦工事、ほぼ、完成!してました。

一般の方とは、目線が違うので、下手糞写真ですが、

どーぞ、ご覧下さい。↓

DSCN1464.JPG

DSCN1467.JPG

DSCN1471.JPG

DSCN1472.JPG

DSCN1473.JPG

ここで、山本清一先生と、全国いぶし瓦連合会の皆様と記念撮影

DSCN1486.JPG

DSCN1487.JPG

全国いぶしの皆様、まぜてくれて、ありがとうございました。

んで、我が埼玉・深谷チーム。。。↓DSCN1476.JPG

さて、ここからが重要。。。

せっかくのチャンス。。山本先生から、ピンポイントで、

教えて頂く事が出来ました。DSCN1479.JPG

お聞きした内容は、やれ、寸法がどうのこうの、

プロフィールがどうのこうの、んな、野暮な事は聞きません!

見ればわかること、調べればわかる事なんて、

貴重な時間の無駄。。

遥か次元は違いますが、同じ屋根の上の職人としての

私の質問に、身振り手振りで、答えて下さいました。DSCN1480.JPG

DSCN1481.JPG

写真だけ見ると、にゃんだか、人相の悪い私が、

先生を、威嚇しているように見えてしまいますが??

DSCN1483.JPG

決して、そのような事はございません!ので、

ご注意下さい。。(笑)

マジで、真剣に聞いている、お洒落な屋根です。DSCN1482.JPG

会話の内容の、一部を特別に紹介いたしましょう。。

「ワシは、飛鳥時代・奈良時代の写真持っておるでぇ!」

( ̄ー ̄)ニヤリッ

DSCN1484.JPG

ってな感じ。。(笑)

空気を読む会話。。大事にしたいですね♪

これをお馬鹿なレスポンスの悪い奴が聞くと、

飛鳥時代の写真持ってるなんて、素晴らしい人だ。。

っていうふうになっちゃうんだ。ここが違っがうんだなぁ~!

飛鳥時代に、写真なんかねーし!(笑)

とことん、歴史を追求・研究しているからこそ、先人からの、声が届く。。

目先だけの欲にとらわれがちな昨今。。

瓦の重みは、歴史の重み。。大事にしたいですよね♪

いやぁ~!ほんと、良い勉強させて頂きました。

全国いぶしの皆様。山本清一先生。

ほんとうに、ありがとうございました。

そしてなにより、この奈良研修①~⑤の最終章までの

長ったらしいブログ(笑)をご覧下さった良い子の皆様に

感謝致します。。

これにて、「あをによし」完結といたします。

                                    完。。


奈良研修・その④

引き続き、奈良研修。。

何と710綺麗な平城京。。です。

6年前にはなかった、平城宮跡第一次大極殿正殿です。↓DSCN1417.JPG

DSCN1418.JPG

DSCN1419.JPG

DSCN1420.JPG

DSCN1421.JPG

そちて、6年前には、完成!していた、朱雀門にも、行って来ました。

DSCN1422.JPG

DSCN1423.JPG

私の注目は、降り棟の位置。。

UPで↓

DSCN1424.JPG

も~っと、UPで↓DSCN1425.JPG

ね♪

かなり、むずかしい、しんどい所で積んであるでしょ?

さて、次は、日付変わって、朝一で東大寺に。。。↓DSCN1431.JPG

DSCN1432.JPG

大仏殿↓

DSCN1434.JPG

DSCN1435.JPG

振れ隅↓

DSCN1438.JPG

鐘楼の軒。。↓

DSCN1439.JPG

二月堂・三月堂↓

DSCN1440.JPG

二月堂の石段を上がりきった所に・・あのお方の名が↓

DSCN1446.JPG

二月堂より、大仏殿を望む。。↓DSCN1442.JPG

やっぱ、日本瓦は、いいやねぇ??

さて、いよいよ奈良研修も、最終章。。興福寺編です。  つづく。。


奈良研修・その③

引き続き、奈良研修です。 

次に行ったのは、ここ↓

DSCN1414.JPG

唐招提寺です。

6年前、完成寸前だった、金堂も・・・↓DSCN1412.JPG

DSCN1410.JPG

唐招提寺と言えば…こいつらにご挨拶。。。

にゃんとも、愛らしい、目ん玉の飛び出ちゃった鬼瓦君です。

ん??はい、鐘楼の鬼瓦君です。↓DSCN1407.JPG

んで、鼓楼の鬼瓦も…↓DSCN1408.JPG

UPで…↓DSCN1409.JPG

更には、6年前工事中だった東門の鬼瓦も・・・↓

DSCN1415.JPG

やはり、目ん玉飛び出ちゃってますねぇ(笑)DSCN1416.JPG

人にも、人相があるように、鬼にも、鬼相ってのが

あるのかな??(笑)

皆~んな同じじゃ、つまらないもんですね♪

やっぱ、唐招提寺は、この顔でしょう。。(笑´∀`)ヶラヶラ

次は、平城京編です。            つづく。。


奈良研修・その②

奈良研修。薬師寺の巻き、始まり、始まりぃ~。。

私がよく、「薬師寺納め」などとほざいておりますが??(笑)

その由縁をお話いたしましょう。。

この回廊部分です。。↓

DSCN1399.JPG

観光案内や、見どころ案内にも、書いてありません!

普通~に見たのでは、上手に葺けている、本葺き瓦。。

ま、一般的なプロが見ても、気付かない人も多いでしょうが??

ここに注目!!よーく、見てみぃ。。↓DSCN1395.JPG

棟瓦の、熨斗ジョイントが、すべて、丸峠の、芯継ぎ。。

になっていると言う事実。。

更には・・・すっごい事に。。。。垂木の位置に。。巴の瓦当が。。。

DSCN1397.JPG

。。

この事に気付くのは、あんまりいないだろうなぁ??(笑)

ま、チャンスがあったら、こんな所にも、注目して見て下さいね♪

さて、金堂です。↓

DSCN1396.JPG

6年前には、なかった、大講堂です↓DSCN1398.JPG

西塔です。↓

DSCN1400.JPG

大講堂の、蓑甲部分(正確には、みのこうと呼ばない)の納まり↓

DSCN1401.JPG

金堂と、似たような納まりですが?ちと違う。。

金堂には、あるが、大講堂にはない。。それは、掛け唐草と降り棟の

接点の所。。金堂は、刀根丸らしきものを葺いてから、その上に

降り棟。。大講堂は、丸なしで、いきなり、降り棟の、大面が。。

どちらが正しいのか??

ま、これも、後日、書きますので、乞うご期待です。

回廊から続くこの、門も、薬師寺納め。。

DSCN1402.JPG

んで、こちらは、解体修理中の、東塔↓DSCN1403.JPG

このフェンスの向こう側は、上の写真の看板の完成予想図の

食堂が建つ予定です。

食堂と言っても、ラーメン屋や、中華屋ではありません!

もちろん、定食屋でもありません!(爆)

食堂と書きまして、「じきどう」と読みます。↓DSCN1404.JPG

長くなりますので、薬師寺編。。終了です。

まだまだ、奈良研修は、続きます。。     つづく。。


奈良研修・その①

7月・12日・13日で、奈良に研修に行って来ました。

思い起こせば、私、6年ぶりの、奈良入りです。

http://osharenayane.blog.so-net.ne.jp/2009-03-30

研修のメインは、13日の、興福寺、中金堂再建工事です。

今回、工事途中を、特別に見学させて頂くチャンスを得ましたので、

行って参りましたぁ。

とりあえず、前泊いたしまして、世界遺産めぐり。。。

やっぱ、瓦の歴史を語るなら・・・元興寺でしょう。↓

DSCN1361.JPG

DSCN1362.JPG

続いて、法隆寺DSCN1375.JPG

いやぁ!しばらく、DSCN1373.JPG

DSCN1383.JPG

君達、元気してたかい??DSCN1371.JPG

DSCN1372.JPG

DSCN1376.JPG

DSCN1378.JPG

DSCN1380.JPG

DSCN1385.JPG

DSCN1388.JPG

DSCN1390.JPG

 DSCN1391.JPG

鬼瓦君の表情も、それぞれ、個性的で、印象深く、

また、逢ったな?って感じで懐かしくなります。

さて、次は、ここ↓

DSCN1393.JPG

DSCN1392.JPG

薬師寺です。

お時間の関係で、(笑)、薬師寺の巻きは、後日といたします。

私のブログによく出てくる、薬師寺納めの由来をご紹介したいと思います。

乞うご期待です。。


横っ走り。。

昨日は、我が深谷地区屋根工事組合の、勉強会。。↓DSCN1344.JPG

講師は、鈴木政雄先生です。

ど~んな講義か?↓

DSCN1345.JPG

屋根には、勾配があります。。

√・サイン・コサイン・タンジェント。。ってな感じです。

んな事より、重大なのは・・・・これ↓DSCN1346.JPG

組合費・組合旅行費・を・・・↑商品券に替えましたよ~ん!!

プレミアム度20%。。2割のお得。。。

組合員の協力で、100万円が、120万円になっちゃったぜぃ!!

こ~んな活動している組合。。他にあるかい??

皆ーんな、自分の欲だけで本音を言わない連中の

集まる、集会には、出たくないですよね♪(笑)

さて、[雨][雨][雨]続きで、開店休業の続く、我が地方。。

ここまで降られると…さっすがに、暇な当社も(笑)

営業ってのをしなくとも・・・自動的に、大忙しです。。

ま、基本・営業活動らしき事は、したことがないですが??(爆)

ご依頼は、雨漏り修理のオンパレード。。

基本、下手糞屋根屋の、尻拭い。。

雨間を見ながら・・・雨漏りでお困りのお宅へ・・・・

ここが漏るのです。。

私が見た限り。。上手に葺けてます。。

が???剥がしてみましょう。。

DSCN1348.JPG

ここ・・・・↓DSCN1349.JPG

この窓の向こう側にあるパックが、満タンになる位ポタポタたれるのです。。

確かに、雨漏り跡が見受けられます。。↓DSCN1350.JPG

DSCN1352.JPG

平部分からの雨漏りか???

んじゃ、この辺一帯を、ボンド攻撃しちゃいましょう!!

メーターいくらで、ん十万円です。。ってなのは、

はっきり言って、屋根構造を知らないインチキ業者。。

本物の、外科医は、ここを見逃しません!!

下で、心配そうに見つめる旦那様と、奥様。。↓

DSCN1355.JPG

増築部分の、この箇所。。

実際の雨漏りから、3メートルも、離れている箇所。。。

ボンド屋じゃ、めっけるのは困難な個所。です。

雨水は、時と場合によっては、横っ走りもするんですのよん!!

原因は、ここだ!!ほ~ら!!↓

DSCN1354.JPG

これ!!↓DSCN1353.JPG

この雀の巣が、毛細管現象により・・・・・

とりあえず、お掃除してあげて・・・↓DSCN1356.JPG

応急処置。。

これで、とりあえず、当面の、

大げさな雨漏りは、90パーセントの確率で止まると思いますが???

完璧にするには、事実上、出口の、捨て谷幅がちと、狭いので、

後日、お天気の良い日に・・・

捨て谷。。拡張工事をしてあげます。。

いかにも、絆創膏・包帯ぐるぐるのオペには、要注意。。

本物の外科医は、傷口も綺麗じゃなっくちゃね♪

 ボンド塗られてからの修理は、ゴメンです。

雨漏りでお困りの皆様。。。患部を、適切に発見出来る

外科医をお選び下さいね♪


はっきり言って・・・

今年の梅雨[雨]は、梅雨[雨]らしい梅雨[雨]関東地方です。

雨上がりに、こ~んな物件見て来ましたぁ。

取引先の工務店さんからのご依頼です。

[携帯電話]「家が細かい修理等の仕事を受けている不動産屋さんの

仕事なんだけど瓦屋ん家で、見てもらえるかい?」

ってな具合で、電話あり。。。

電話の様子で、だいたいの感じはつかめましたので、

はっきり言って、断りたい感じむんむんの修理仕事

ま、見ずに断るのも、お得意様に対して失礼かな??

って、ちょいと、大人の対応。。(笑)

見て来ましたよー!こ~んな物件・・・↓DSCN1342.JPG

集合住宅アパートの屋根です。

使用屋根材は、スレート系セメント平板瓦(ビクトリー

の、この部分。。。↓DSCN1340.JPG

ここ↓

DSCN1341.JPG

はい、ケラバ部分です。。UPで↓DSCN1339.JPG

見づらいので、もーっとUPで↓

DSCN1338.JPG

ケラバが落ちる寸前。。

瓦屋ん家。。何とか?直してもらえるかい??の質問に・・・

私の答えは・・・ズバリ!!NO

あっかんべー!!(笑)

やった奴に直してもらって下さい。。

こ~んな下手糞手抜き工事の為に、命かけたくないですから・・・

棟梁の顔って奴がつぶれないのであるならば・・・

はっきり言って断って下さい。。我々には関係ないのですから

ってな感じで、帰ってきちゃったよ~ん!!(笑)

だってさ、新築当時、安いのを選んだのですから、

しょうがないんだ!!

安かろう悪かろう。。安物買いの銭失い。。

自業自得。。ざまーみろ!!と、のど元まで出たのですが??

この、落下寸前のケラバ見ちゃうと・・・・

危険なので、どおちても・・って頼まれれば・・・

屋根葺き名人(←誰が??)としては、

何とかしてやらないといけない。。っと、思ってしまう

甘い考え・・優しい気持ちのお洒落な屋根です。

やり逃げ!するのが正しい選択か?

このやり逃げ業者の、後始末をしてあげるのが正しいか??

はっきり言って、貧乏くじを引いている私は・・・・

お馬鹿なんでしょうね(笑)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。