So-net無料ブログ作成

鬼瓦の選択・ん?洗濯(笑)

物置の屋根の瓦葺き替え工事に入っております。

DSC08659.JPG

本日は、鬼瓦のお話です。。

鬼瓦と言えば…一般の方は、鬼面鬼をイメージする方が多いのが

現実ですが??

一般住宅にも、鬼瓦はのっています。

火除けのおまじないとして、雲・水・波・燃えにくい若葉等を

あしらった、デザインのものが多いのです。

この手前の蔵。。。↓

DSC08662.JPG

の鬼瓦。。↓

DSC08660.JPG

俺、案外好きです。(笑)

この、妙に、妖怪っぽい、デザイン。。

制作、鬼師の、遊び心が、感じられます。

この蔵。そろそろ、お洒落な屋根先生の、大幅なる、メスが

入りそうな気配むんむんですが??・・・(笑)

それは、後日のお楽しみといたしまして、

さて、この物置の現場。。

瓦降ろしは、解体屋さん。野地直しは、大工さんってな感じの、

図式です。

古い瓦は、全面撤去。。の号令の元。。

皆~んな作業しています。

現場の合間に、行って良かった!ギリギリセーフ!!

もう少しで、ダンプにぶん投げられる寸前の鬼瓦を

だめだ!だめだ!!取って置け!!の鶴の一声で救出

この鬼瓦です。じゃ~ん!!↓DSC08664.JPG

完全手彫りの、一品です。

手掘りか?型抜きか?の見極めは・・・・↓

DSC08666.JPG

上が、出ているのです。

DSC08667.JPG

ん?~!説明が下手かな??

これじゃ、型じゃパカッと抜けないでしょ??

ちなみに、型抜きの場合は、こ~んな感じに・・・

DSC08668.JPG

先細りになっております。

今回の葺き替えは、この鬼瓦の再利用と言う選択です。

まだまだ、現役続行していただきます。

んで、お洒落な屋根。。たわしで。洗濯。。ん??

ほ~ら!(笑)↓

DSC08670.JPG

良い鬼瓦でしょ??

鬼瓦は、魔除けの一品。。

一般の皆さんも、鬼面だけでなく、こ~んな所にも注目して見て下さい。。ね♪

案外、無造作に捨てられている、お宝があるはずです。


寄棟雨漏りのメカニズム

たまりにたまった、修繕工事。。

コツコツと、 こなしております。

ま、人にやらせている訳ではないので、つい、仕事に夢中になり、

にゃかにゃか、写真撮ってる暇がない!のが現実です。

本日の仕事も、雨漏り修理。。

築30年の、寄棟の雨漏り修理です。。DSC08651.JPG

瓦の破損は見られない・・・ 

上手下手は、いづれにしましても、パッと見、丁寧に施工しては

ありますが??

私位のベテランになりますと、あばかなくても、だいたい、想定は

付きます。。

これを、メカニズムが分からない業者に、依頼すると、

下手に、ボンド塗られたりしちゃいます。

まだ、雨漏りが止まらない!!と、言うと・・・・・

塗りが足らなかった。。更に増し打ちをかけましょう。。

今度は、完璧です。。と、多額のお金を、追加要求されて、

いる、貴方。。。ご愁傷様でです。(笑)

こ~んな商売も最近多いのも現実ですが???

それじゃ、ダメじゃん!!

本物の職人なら、メカニズムわからんとねぇ??

思い切って、バラします。DSC08650.JPG

DSC08648.JPG

ほ~ら、雨漏り跡が・・・・DSC08649.JPG

これは、鱗勝手(うろこがって)そう、三角に切ってある瓦の、納め方にあります。

DSC08653.JPG

あばいてみましょう。。DSC08654.JPG

DSC08655.JPG

土を、たくさん使って、安定をとってあって、一見丁寧に見えますが??

根本的に、NG。。。

納まりを、土を取り除いて見て見ましょう。。↓

DSC08656.JPG

DSC08657.JPG

下の瓦の、欠き込みが大きい。。さらには、上の瓦が、大きいのが

災いしています。。

こ~んな感じに、入れ替えてあげます。DSC08658.JPG

んで、積み替えてあげて、完成!です。。

完成!写真がありません!(爆)

丁寧と、上手は別物。。ネット等で、親切丁寧。。見積り無料

皆~んなうたっておりますが??

ここんとの見極めは、貴方ご自身です。。ご注意下さいませ。。

雨漏り修理。。業者をお選び下さいね♪

注・・・当社は、一見さんお断り。見積り有料・・更には、年内工事は、

おそらく、不可能です。ので、ご了承くださいませ。。。(笑)


塀目板瓦(へいめいたかわら)

例の、明治時代の、街道沿いの、商家さんの、

こ~んな箇所も、一部、補修いたしましたぁ。。

この味のある、板塀です。。。↓

DSCN1160.JPG

この塀の上にのっかっている瓦は、目板瓦(めいたかわら)と言います。

明治時代、関東でも、たたらを、盛って、手造りで、製造したお宝物件が

数多く、存在していましたが??

お宝がわからず、変てこな修理しちゃってる物件の多いこと・・・

ダメだね♪関東は、見栄を張る職人は多いのですが?

意地を張る職人が少ない。。(笑)

んでも、このお宅の塀目板瓦は・・・

130年、数々の職人が入ったにも、かかわらず・・・

にゃ~んとなく、原形を保っております。が??

この部分。。

m_DSC08553.jpg

子供の通学路って事で、危険のないように、

当社、お洒落な屋根 山田瓦店が、一部、補強工事を施しました。DSC08615.JPG

こ~んな感じに・・↓

DSC08621.JPG

落下防止を重点的に、復元しているのですが??

4種類の瓦。長さが違うのありーの、幅が違うのありーの。。

歴史があるので、その都度、手造りにて、

復旧していたご様子。。

DSC08624.JPG

↑これが、一番最近、復元した、三州野安謹製の塀目板です。

4種類の瓦を、とりあえず、並べましたが??

旦那様。。ここらへんで、この雰囲気を残しつつ、全面葺き替えを

計画中。。らしい。。

ここまで、この家の価値がわかる職人は、今後出てこない!!

ってな訳で、

候補にあがっている、お洒落な屋根です。。(笑)

いいよね♪。目板瓦。。(^-^)ニコッ


平葺き完了!そして、ケラバ・・・

モニエース。平葺き完了!いたしましたぁ。。

じゃ~ん!!↓

DSC08636.JPG

DSC08637.JPG

その昔、早葺きの裕ちゃんと、異名をとった私ですが・・・(笑)

まだまだ、若い者には、負けない気力だけはありますが??

年々しんどくなるのがわかる、今日、この頃です。(爆)

このような物件は、若いもんに任せるのが賢明かと思いますが?

そうも言ってられないのも、現実です。

んでもね♪『亀の甲より年の功』

最近、モニエースのケラバが付けにくいのですが??・・・

と、リアル若者君から、電話相談あり・・・

んな邪魔物は、ひっぱたいちゃぇ!!っと言ってやりましたが??

そうそう、この、ボッチ。。↓

DSC08640.JPG

UPで・・↓DSC08642.JPG

も~っと、UPで↓

DSC08641.JPG

DSC08643.JPG

数か月前からケラバに付いた、施工には邪魔なこのボッチ。。。

私は、無意味なので、ガンガン、ひっぱたいていますが??

事、真面目な若者君は、メーカーさんが、あえて・付けたボッチですから、

何か意味があるのではないか??

破風から、逃がす為ではないか??等、

真剣に悩んでいる、ご様子。。

ま、和型の防災爪をも邪魔だ!と、ひっぱたいている記事を

書いている、私なので…(笑)

(注↑これには、意味がある。。)

若者君に、嘘教えちゃまずいので・・・メーカーさんに

聞いてみた!!

そちたら、このボッチは・・・製造工程中。

施釉(うわぐすりをかける)の際、チエーンハンガーで、吊るすのに

必要な、ボッチで、施工には、何ーんの意味もないボッチです。

邪魔だったら、どんどん、はたいて下さいだそうです。。

しっかし、邪魔だなぁ!!

今後、メーカーさんも、改善する予定らしいです。

だから、ご覧のように、ガンガン!タンガローで、ひっぱたいて下さい。。DSC08644.JPG

何度も書くようですが・・・ 

三州メーカー創嘉瓦工業さんの、社長の言葉

「あったら便利な物。。あっても邪魔にならないものの改善と努力

なら、惜しまずやって行きたい!!」

私の好きな言葉です。こうでなくっちゃね♪(^-^)ニコッ


久々の新築(笑)

本日は、久々の新築工事。。

瓦桟木を打って来ましたぴょ~ん!!

DSC08627.JPG

 ここで、一句。。

『柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺』(笑)

実は、何を隠そう・・・

当社、山田瓦店も、新築瓦工事。。承っております。(爆)

ここ書いておかないと、

ねえねえ、あの、山田瓦店って、新築できないんじゃないの??

って、奥様方の、井戸端会議で出て来そうな、位、新築物件が、遠い、

お洒落な屋根・山田瓦店です。

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

ま、んな事は、置いといて・・・

瓦桟木、打って来ましたよ~ん!!↓

DSC08628.JPG

ん??ピッチが、荒くないかい??

葺き足、6寸の屋根を葺いた上がりでは、俺、間違えたと、思ったぜぃ!!(笑)

思わず、確認。。

大丈夫です。合ってます。。↓

DSC08630.JPG

今回、使用の瓦は、これ↓

DSC08634.JPG

陶器瓦2山タイブ。モニエースです。。

んとね♪

このお宅の廻り中の屋根。。↓

DSC08633.JPG

DSC08632.JPG

DSC08631.JPG

こ~んな激戦区の中。。

やっぱ、屋根材は、歴史ある、粘土瓦でしょう。。

どの?ラインで一線を引くか??

微妙なところではございますが??

当社は、、粘土瓦・焼き瓦・専門店です。

だって、言い訳はしたくないですから・・・(笑)


男の意地。完成!いたしましたぁ

明治時代の、商家の、復元瓦工事。。

本日、完成!致しましたぁ。。↓

DSC08598.JPG

平瓦は、葺き足6寸。。切り落ち瓦。。

今回、棟は、青海波(せいかいは)スケルトン納め。。

もっと、詳しく・・・薄紐熨斗天神(うすひものしてんじん)目地積み

DSC08604.JPG

DSC08605.JPG

DSC08609.JPG

隅棟も・・・薄紐目地積みで、ダイナミックに・・・

DSC08610.JPG

復元中。。DSC08612.JPG

UPで・・

DSC08613.JPG

冠瓦は、角桟の紐丸にて、復元中、。。

んで、この箇所・・・↓

DSC08611.JPG

ん??変な雨樋らしきものが変な個所に・・・・???

DSC08599.JPG

ここは、戦争当時から、雨漏りに悩まさていた箇所。。。

明治の職人から、今の俺に宿題とされていた箇所です。

ここは、鈑金屋さんと共に、悩んだ箇所です。

ゲリラ豪雨にも耐えられるように、どぶを深く取り、

万が一に備えて、お掃除出来るように、蔵の部分を、

一部、板金腰葺きといたしました。

後は、板金屋さんが、この箱樋出口付近を、囲って、

新規、はいドイを取り付けてくれる予定です。

よって、この箇所の雪止め瓦は、省いてあります。

んでもって、はいドイ留め付け用の、ステンレス線も、あらかじめ出してあります。

DSC08616.JPG

旧街道沿いのこのお宅。。

足場ネットが取れた時に、また、公開したいと思います。

歴史のバトンタッチ。。

残したいよね♪江戸前の仕事。。


棟積み状況。

平葺き完了!いたしまして、棟積みに入っております。

一部、進行状況を、UPいたします。

じゃ~ん

DSC08580.JPG

 この箇所の納め方は、多々ありますが??

今回の仕様は、既存通り!半月納めの1本トンネル納め

と、致しましたぁ。

DSC08581.JPG

DSC08582.JPG

DSC08586.JPG

んで、いよいよ、大棟です。

今回も、こ~んな感じに・・・

DSC08588.JPG

青海波。。こ~んな感じに積んでお-ります。↓

DSC08591.JPG

さて?んな事より、本日の記事のメインと言うか?

追記と言うか??・・・・・

当社の必殺アイテムをご紹介いたしましょう。。。-(笑)

ズバリ!これです。。チーン!!DSC08594.JPG

現場用に、電子レンジを新調いたしましたぁ。。

たいした道具も持っていないくせに・・・(笑)

ま、これからは、主流になることでしょう。。(爆)


棟積み開始。。

先日、や~っとこさ、平葺き完了!致しましたぁ。

んで、本日からは、いよいよ、棟積みに取り掛かりました。

とりあえず、準備。。↓DSC08564.JPG

例の狭い道のりを、人海戦術にて、南蛮漆喰・鬼瓦の運び込み

んで、影盛り鬼瓦8寸跨ぎ3つ切り6寸勾配用も、組み立てまして、

いよいよ、棟積み開始です。

見て、先日葺き終わった平葺き箇所。。

DSC08566.JPG

葺き足6寸

最長箇所で、55枚登り。。DSC08568.JPG

途中。休憩所(ステージ足場)を、2か所作らないと、

とても、登れません!(爆)

DSC08570.JPG

見て、この葺き足。。↓

DSC08572.JPG

DSC08573.JPG

今の現場(第二期工事)から、第一期工事(蔵)を望む↓

DSC08575.JPG

DSC08574.JPG

そちて、鬼立て式↓

DSC08576.JPG

鬼瓦台下の、自家製瓦メンドにも注目。。

さりげな~いお洒落。。わかる人だけわかるお話。。・・・(笑)


悪戦苦闘中(笑)

お天気安定して、通常ですと、ガンガンはかどる展開ですが??

毎日現場に行っているにも、かかわらず・・・

ちょっと手こずっている、当社、お洒落な屋根 山田瓦店です(笑)

まずは・・・材料の運び込み・・・

この、板塀(味のある目板瓦)の扉から侵入いたします。DSC08553.JPG

注・・このブルーシートの箇所は、一部補修で、

当社、お洒落な屋根 山田瓦店が復旧いたします。

んな事は、置いといて・・・

一輪車も通らない、この狭い道のりを・・・

DSC08556.JPG

DSC08557.JPG

ひたすら、手運びしております。

や~っとこさ、屋根まで続く、梯子(タワー)の箇所↓DSC08558.JPG

DSC08559.JPG

ここまででも、一般の瓦屋さんは、アゴを上げそうですが?(笑)

ここから、更に、こ~んな、マシーンをセッティングしてあります。

DSC08560.JPG

そう、メイドインイタリーです。

これにて、ガーって足詰め作戦!DSC08539.JPG

こだわりの仕事です。

DSC08542.JPG

こ~んな、いらない箇所(笑)を・・・
DSC08549.JPG

ほら・・↓

DSC08544.JPG

DSC08543.JPG

明治時代の復元には、やっぱ瓦でしょ?

更には、ここまでこだわりたい!!

DSC08561.JPG

DSC08563.JPG

DSC08546.JPG

惚れた弱み。。とことんやり抜きます。。

帳面面・利益率・マニュアルだけで、瓦を語る奴には、

わからない事。。

んでも、ここまでやらないと、おっ止まりが付かなくなって

しまっている、変人お洒落な屋根です。(笑)

変人ではなく、名人と呼ばれる日は来るのか??(爆)

ま、いいや、惚れちゃったんだから・・・・


古民家葺き替え。

例の古民家屋根葺き替え工事。。

順調に、予定通り!悪戦苦闘中(笑)

本日は、この古民家。。大工さんがリフォーム中の

内装を、チラリ、公開しちゃいます。

このレトロ感。。見て!じゃ~ん!!↓

DSC08532.JPG

千本格子の建具に、ケヤキの一枚板。。

ここも見て・・・↓

DSC08530.JPG

家の中から、座敷蔵の、観音扉・・・DSC08534.JPG

それと、ここ・・・↓DSC08536.JPG

UPで・・・DSC08522.JPG

何やら、ガラスに文字が・・・DSC08535.JPG

はい、電話室だぴょ~ん!。。これも、いい感じでひょ??

更には、ここ・・・・↓DSC08527.JPG

はい、箱階段に、金庫です。。DSC08523.JPG

DSC08529.JPG

この、雰囲気を残しつつ、+αで、現代風に、

リフォームするそうそうです。

さて、屋根担当のおいら達は、

この雰囲気を壊さず、葺き替えます。↓

DSC08525.JPG

ここは、当社の得意なところ・・

意地で、立候補して、こだわります。。(爆)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。