So-net無料ブログ作成
検索選択

棟瓦積み替え工事

さて、本日は、日曜日ですが??

日曜日限定の工事に取り掛かりました。

どおちて?限定か?っと言うと、現場が、

梯子を掛ける場所がない。。。そう、お隣さんの

駐車場をお借りする関係上、お隣さんの定休日の

日曜日、本日参上!です。

今日の作業内容は…棟瓦積み替え工事です。

こ~んな屋根です。↓DSCN0684.JPG

今日は、棟積み替え工事。。

当社の、段取り、工法を、特別に、公開いたしま~す。

やみくもに、ガンガン剥がすのは、避けて、

DSCN0685.JPG

DSCN0686.JPG

あらかじめ、針金穴のあいてない紐丸瓦も、穴っこあけてから

はがします。

DSCN0687.JPG

これまた、紐熨斗も、穴っこあけてブラッシング

そして、針金も剥がしながら、縛ります。DSCN0688.JPG

DSCN0689.JPG

DSCN0690.JPG

そちて、

DSCN0691.JPG

半端勝手の入れ替え。。

ここでも、ブラッシングは、かかせませんね♪

DSCN0692.JPG

DSCN0693.JPG

んで、半端勝手を、南蛮漆喰、ボンド、ステンレス釘にて固定し

いよいよ、1段目突入です。

DSCN0695.JPG

DSCN0694.JPG

2段積んだ所で、本日の作業は、終了です。

お天気予報は、今夜にわか[雨]があるかも知れない微妙な天気

ちゃっちゃっちゃーっと、特製ブルーシートで養生して

仕舞いです。

DSCN0697.JPG

DSCN0698.JPG

このブルーシートは、ホームセンターの一番薄い2間×3間の安い奴を、

3間を長てに、半分に切って、4つ折りにして、

ガムテープで止めてあります。

軽くて便利。。

積んだばかりの棟には、むやみな重量かけたくないですもんね♪DSCN0699.JPG

これで、とりあえず、雨仕舞は、完璧。。

明日は、お天気次第ですが、完成!の予定でーす。


現役続行!顔面移植(笑)

さて、例の、雅桜が、満開寸前の、小さな社の現場です。

この社、飯玉神社と言いまして、この地、飯玉耕地と呼ばれる

一帯、そう、「ここが本当の深谷ねぎ」って場所を、

祭ってある神社です。

移築、明治34年1月5日って書いてありました。

以前のブログで公開いたしました通り!!

葺き替えです。

でも?この神様。。の明治時代の鬼瓦君。。。これ↓

DSCN0644.JPG

↑飯玉の付いた、こいつです。

小っちゃくて、憎めない顔してる鬼瓦君。。

使ってやりたいのは、やまやまなんですが??

しかし、いかんせん!ちっちゃすぎ!!ましてや、足も付いてないし・・

通常の屋根屋さんなら、鬼瓦変更を余儀なくされるところ。。

でも?当社は、まだまだ、現役続行!とさせて頂きます。

続行はよいのですが? さて?どう納めるか??

従来通り!漆喰てんこ盛り納めじゃみっともない。。(笑)

さて?お洒落な屋根が取った手法とは・・・・??

はい、タイトル通り!顔面移植。。(爆)ん??

当社得意の合体スペシャル。。((*´∀`))ウキャキャ

本日、マル秘大公開いたします。じゃ~ん!!↓

DSCN0645.JPG

まず、家で眠っていた、8又雲鬼君を、真っ二つに・・

んで、足の角度(1尺1寸勾配)に合わせて、足元を固定いたします。

DSCN0646.JPG

ここに、例の、続投鬼瓦君を、顔面移植します。↓

DSCN0648.JPG

ま、こ~んな感じよ。。

DSCN0653.JPG

んで、仕事の方は、薄紐熨斗天神にて、目地積みで

積んでおります。

DSCN0657.JPG

DSCN0662.JPG

足場も解体致しまして、いよいよ完成!です。

DSCN0666.JPG

DSCN0668.JPG

DSCN0672.JPG

上空写真。。↓

DSCN0674.JPG

特製合体鬼瓦。。魔人ブーに見えちゃうのは、私だけでしょうか??

( ̄b ̄)シーーッ!!

ギャハハハ!!☆ミヾ(∇≦((ヾ(≧∇≦)〃))≧∇)ノ彡☆バンバン!!

DSCN0668.JPG


簡略蓑甲。

今日の仕事は、例の、ちっちゃな社に参上!です。

本日の作業は、瓦桟木を打って、地割りをして、軒瓦を付けて

蓑甲を納めましたぁ。

ソメイヨシノより、早咲きの、雅桜を、バック(背景)に・・・

ま、こ~んな感じです。じゃ~ん!!↓

DSCN0636.JPG

ここまでのカーブに、簡略蓑甲は、ちときつい。。(笑)

でも、こ~んなラインで仕上げましたぁ!

DSCN0637.JPG

DSCN0638.JPG

DSCN0639.JPG

DSCN0640.JPG

はたして、満開までに終わるのでしょうか??(笑)

桜に、日本瓦。。いいよねぇ?


答え

昨日の、摩訶不思議な納まりの、答は・・・・↓

こ~んな感じになっておりましたぁ!

DSCN0628.JPG

DSCN0629.JPG

DSCN0630.JPG

私も、よく、破風尻が下がっている場合等。水を妻側に流す、

「駒落ち」って言う手法をとる事がありますが??

これも、ケラバ箇所のみ。。

隣の、桟の通りまで、駒落ち?にするのは、

はじめて見ましたぁ。(笑)

これが、画期的工法か否かは、

ま、他の仕事の内容、納まりを見れば、おのずと、

施工者の技量・がわかります。

ねんきも込めず、 見よう見まねでの瓦施工。。

その人間性をも、ばればれです。(笑)

でも?この人は、まだまし。。

この屋根屋さんの、味方をする訳ではないですが?

とりあえず、雨漏ってませんから・・・(爆)

はなはだしいのは、トンネル塞いじゃって、雨漏り・・・

こ~んな、事例も、数多くあるのが、現実です。

皆様、是非お気を付けを・・・・

さて、んな事より、今度の現場。。。

DSCN0569.JPG

こ~んな感じの、社です。

DSCN0570.JPG

DSCN0571.JPG

DSCN0572.JPG

大幅なる手直しが必要です。ね♪(笑)

早速、あばいてみましょう。。↓

1458619575933.jpg

ま、予想通り!(笑)

大工ちゃんに、なおしてもらいました。↓

DSCN0635.JPG

DSCN0633.JPG

本来であるならば、100枚判安国瓦何かが、ベストなんでしょうが?

今回は、復元工事。っと言う事で、既存判56切り落ちで

同寸法、同納めで行きます。

多少、俺らの方が、上手に納めてしまった場合は、

ご勘弁願います。(爆)


興味津々(笑)

本日から、とーっくから、頼まれていた、屋根漆喰塗り替え工事

に、参上いたしましたぁ。

そろそろ、時期かな??

はい、当社では、お待ち頂けるのであるならば、時期を選びます。

無理に、気温の低い、乾燥する、冬場は避け、

温かくなってからの工事をお勧めしています。

これは、私が、寒い時期に、屋根の上に登って、仕事をするのが

嫌だからです。

っと言うのは、半分冗談ですが??(笑)

あながち、半分は、マジです。

そう、たかが、漆喰塗り替えですが??

時期・旬ってのがあります。

本来であるならば、湿気の多い梅雨時期の[晴れ]晴れ間。。

が狙い目です。

漆喰が、一番しっとり仕上がるのです。

ま、今の時代。そうも言ってられないのも、現実。

でも、こう言った事。旬すらわからない連中が、

勝手な工事するから、悪循環。。

屋根工事もそう。リスクをどのように回避するか?

マニュアルオンリーじゃ、わからない事。

職人の経験と勘。って奴も大事にしたいですよね♪

さて?この屋根。。摩訶不思議な納まり・・・・

あっじゃぁ!!↓

DSCN0624.JPG

何がおかしいか?って、

この隅棟。。トンネルが???↓

DSCN0625.JPG

DSCN0626.JPG

DSCN0627.JPG

 良い子の皆さんなら、おわかりかな??(笑)

かなりやばそうでしょ??

興味深々でしょ?(爆)

さて? どのような納まりになっているでしょうか?

隅木が?野地板が??

答は、後日のブログで公開予定です。乞うご期待。。


風切り丸

今日は、3階(煙出し)部分も完成!し、

ケラバ付けて、風切り丸に突入です。

とりあえず、煙出し箇所↓

DSCN0610.JPG

DSCN0615.JPG

紐熨斗目地積み、(江戸棟)にて完成~!です。

DSCN0616.JPG

意地の桟芯ジョイント、薬師寺納め(笑)

さ~て、次は、ケラバ付けて、いよいよ、風切り丸です。

DSCN0614.JPG

DSCN0612.JPG

DSCN0619.JPG

日本広し!と言えど、風切り丸を、インコーナー(内側)から積むのは

俺位だと、皆んなに、馬鹿にされましたぁ(爆)

でも?いいんです。「流は万流仕上げは一つ」

かっちょよければいいのです。

んな事より、この風切り丸。。

右のケラバに桟袖が付いた、今の時代、

必要ない!っと言われれば、確かにそうなんですが??

やっぱ、この型の屋根じゃぁ、無くては、さまにならい。

全体のバランスが悪い!!んだよー!

私のよく言う例え話。。

「お婆さんが、ミニスカート履いても似合わないんべ。。!!」(笑)

品良く仕上げてあげましょう。。ね♪

それと、ここまでのことが分かってからのお話。。

何を隠そう、この屋根。。片破風2寸5分のかぶり(開き)があるのです。

これを、美感のわからない連中が葺くと、

風切り丸だけで、逃げても、ひこっ柵が出来てしまいます。

ここを、違和感なく、ごまかせるのが、職人技。。

DSCN0620.JPG

DSCN0623.JPG

え~い!微妙な所UPで、マル秘大公開だ!!じゃ~ん!↓

DSCN0621.JPG

明日は、平葺きに入る予定です。んじゃ。。


3階から

屋根瓦葺き替え工事。。。

こ~んな感じに、施工中でーす。↓

DSCN0597.JPG

はい、この地域に多い、昔の養蚕農家の典型的スタイル

「煙出しのある家」。。です。

DSCN0598.JPG

本日は、この煙だし(3階部分)の平葺きです。

が??

この3階部分から・・・・・・な、なんと。。。

転落してしまいましたぁ!!あじゃぁ!!

ここで、引っ張ると、皆さんに、ご心配お掛けいたしますので、(笑)

実は・・・落ちたのは、私ではなく、携帯電話。。

早速屋根から降りて、救助に向かいましたぁ。

じゃ~ん!!↓

DSCN0599.JPG

わおっ!3分割。。(笑)

にゃんとか、起動してくれ!!っと、祈りをこめて、

スイッチオン!じゃ~ん!↓

DSCN0603.JPG

DSCN0601.JPG

起動いたしましたとさ。。

めでたし、めでたし。。(笑)

さて?仕事の方ですが??

ここからは、プロのお話。。今回入った唐草は、オール尻ッパネ

DSCN0604.JPG

以前の私なら・・・

(゜д゜メ)ゴルァ(。д。メ)ゴルァ(゜д゜メ)ゴルァ(。д。メ)ゴルァ(゜д゜メ)ゴルァ

っと、

メーカー呼びつけて、怒鳴りっ飛ばしている所

なのですが??

物は、考えよう。。

普通にペタペタ並べたのでは、このご老体。。

若い者には負けてしまいますが??

綺麗に納めるをテーマにしたら。。。

俺の勝ちぃ!!

すべての瓦に、一っタガネ入れて、↓

DSCN0605.JPG

違和感なく、納めます。

これは、体力勝負だけは出来ない事。。

亀の甲より、年の功(笑)

四角い奴じゃ、もう俺には、勝てない。。

ま、こ~んな時も、たまにないとね♪(爆)

でも??オール尻は頂けない!!

努力して下さい。。

ま、こ~んな感じに、風切り丸2本引き。。

DSCN0606.JPG

こちらも、唐草上を横走りして、合端中↓

DSCN0609.JPG

で~す。


土曜日

しばらく、更新が滞っている、我がブログ・

「お洒落な屋根山田瓦店」ですw。

実は、ここんとこ、パソコンの調子・カメラの具合が悪く、

皆様に、ご心配お掛け致しました事、

心よりお詫び申し上げます。

リアルに、ライン・メール・電話・お声掛け下さいました方々

誠にありがとうございました。さて、仕事の方ですが??

棟積み替え工事も、無事終わりまして、

例の、屋根瓦葺き替え工事に突入しております。

が??これは、後日UP致す予定でおります。

さて、昨日、12日土曜日。。

我が、深谷地区屋根瓦工事組合の面々は・・・

こ~んなのに、参加して来ましたぁ。。↓

DSCN0596.JPG

挨拶の中で、景気が悪い、仕事がない、これからの時代は、

瓦だけではなく、色々なことに挑戦!し、頑張っていきましょう。

ん??我々の考えとは、ちと、違っがうなぁ!!

 今の業界の現実。。

言いたい事は、わかりますが??ねぇ??

ちと、ズレちゃってると感じたのは、私だけではないはず・・・(笑)

ここに参加する前に、瓦一筋の我が深谷地区瓦屋根工事組合の

面々。。

会場は、埼玉川越と言う事で、通り道の、

こ~んなところ、見学して来ました。↓

遠山記念館https://www.e-kinenkan.com/です。

DSCN0574.JPG

DSCN0575.JPG

DSCN0576.JPG

DSCN0577.JPG

蔵細部

DSCN0579.JPG

DSCN0580.JPG

私の得意な、江戸棟紐熨斗目地積み・刻み袖

内部をば・・↓

DSCN0581.JPG

 昭和11年

金に糸目を付けず、職人技の、オンパレード↓

DSCN0582.JPG

お風呂

DSCN0585.JPG

お風呂の天井↓

DSCN0586.JPG

畳↓

DSCN0583.JPG

数寄屋の、雛留め↓DSCN0587.JPG

蔵の扉↓

DSCN0588.JPG

廊下の天井。。↓

DSCN0589.JPG

DSCN0590.JPG

見どころ満載でした。

そちて、会場に向かう車窓より・・・

小江戸川越

DSCN0593.JPG

DSCN0594.JPG

車窓写真ついでに順番は逆ですが???+

DSCN0573.JPG

石上寺。。

 良い仕事を見て、

職人である以上。逃げも隠れもせず、

更なる技術・技能の向上。

何か、わくわくしますよね♪本来であるならば、これが組合

だと、我がチームは、考えておる一匹狼のメンバーです。(笑)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。